インドネシアバリ島で出会ったお塩。
TEJAKULAのお塩で様々なご縁を頂きました。

私たち御塩屋は、皆様とのご縁を大事に日々感謝の心を忘れずに、バリ島から本物のお塩をお届けしていきます。

自然にやさしい、

脱石油系プラスチック

お塩は自然からの贈り物です。御塩屋では、そんな自然に感謝の気持ちを込め、商品パッケージで使用するガラス、木、紙は、自然にやさしく、リサイクルしやすいものを極力使うよう努めています。
特に、詰め替えパッックなどのプラスチックを使用する商品は、バイオマス度25%の二酸化炭素排出を抑えた、植物由来のプラスチック袋を特注で作りました。

フェアトレード

完全天日干しのお塩というのは、自然の力のみを利用した製法である為、どうしても気候の影響を受けやすく、毎年の塩の出来高が安定しにくいといった側面があります。
御塩屋では、現地バリの職人さんが天候不良による収入の増減をできるだけ抑えれるよう、毎年職人さん達との話し合いを実施し、適正価格での取引となるよう取り組んでいます。

代表あいさつ

物心ついた時から、お塩が好きでした。

夏休みの自由研究には、塩の結晶を作ったり、常にマイ塩ボトルを持ち歩いてました。

2002年~2004年の間、インドネシア レンボンガン島にてダイビングの宿を管理運営していたことがあったのですが、その際に、このバリ島の『テジャクラ』のお塩に出会ったのです。

お塩の味はもちろん、その塩を作る海、塩田、職人さん全ての美しさに魅了され、
現在に至ります。

お塩は生きていく上で、なくてはならないとても大事なものです。

お塩を通して出会ったご縁に感謝し、また新たなご縁を大切に日々精進していきたいと思います。


代表取締役 / 塩ソムリエ
渡部幸香

© 2019 goenya Co.,Ltd.